チタン製の鍋について

 お店のオープン当初より鉄製の上海鍋を使ってきましたが 忙しい日が続くと手首が痛くなることがあり 思い切って チタンの鍋を導入しました。

直径33cmの鉄鍋が1.5Kgのところ チタンは直径39cmでも850gと約半分の重さです。また熱伝導率にも優れ この地域での燃料であるLPガスでも火力の弱さがカバーできることとなり まさしくいいことずくめです。

ただ価格が高いのが唯一の欠点でしょうか。
鉄は1枚¥3000ほどですが39cmのチタン鍋 定価¥79000!はちょっときびしいです。

熱効率が良いので 強い火力は直接料理の味に反映しますのでこれからも使い続けて行くつもりです。

チタンという合金についてはこちらで詳しく説明されています。

 

戻る